店舗情報

一本杉菓子店の概要

昭和5年初代店主佐藤藤雄が東京での修行を終え故郷であるこの地に創業、創業当初屋号は三陽屋であったが、地元の人達が大きな一本杉が店の前にあったため一本杉菓子店と呼ぶようになりました。

現在2代目店主佐藤功。創業当初は飴や煎餅などを製造卸販売していましたが、戦後結婚式の引き菓子で名を広め、その後は冠婚葬祭全般の菓子の注文販売を行ってきました。
現在は「あげまんじゅう」を中心とした自家製品の店頭販売を主として、地域に密着した子供から大人まで幅広く愛される商品づくり店舗づくりを目指しています。

お問い合せ

商品の事に限らず、なんでもお気軽にお尋ね下さい。
お電話でのお問い合わせお願い申し上げます。

TEL:023-653-3364

アクセス

〒994-0051
山形県天童市奈良沢乙115−1
電話:023-653-3364
営業時間:AM9:16 ~ PM6:00
定休日:火曜日
駐車場:有15台分


大きな地図で見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

営業日カレンダー

Facebook

おすすめの菓子

バター入りどら焼き

しっとり焼き上げたどらやき生地に、国産小豆のつぶし餡とフレッシュバターをサンドしました。

きんつば

国産小豆のつぶし餡と、昔ながらの米粉と小麦粉の生地をつけ、ひとつずつ丁寧に焼き上げています。

御苦楽ようかん

小豆餡と良質な寒天、国産胡桃をじっくりと時間をかけて練り上げています。胡桃の持つ独特の風味が羊羹の味を更に引き立てています。

くるみようかん

「御苦楽ようかん」に更に胡桃を増量し、一口サイズにしたものです。胡桃好きにはたまらない一品です。

一字一石最中

店の正面にある、一字一石碑をかたどった最中。もち米の風味豊かな最中種に、しっかりと練り上げた小豆つぶし餡を挟んだ一品です。

しそゆべし

山形を代表する菓子ゆべしを、程好く味付けしたしその葉で、一枚一枚丁寧に包んだ、ゆべしとしその葉の相性の良い一品です。